top of page

自虐史観を克服するために

「侵略国家」の汚名をきせられた 無謀な戦争に突き進んだ原因を探ると、幕末から明治維新に行きつく。

新刊

9月28日『ロシア敗れたり』 Amazon ベストセラー1位
10月10日『大隈重信の功績』
​発刊

TOPICS

毎週金曜 ビデオ配信 「鈴木荘一の談話室」講演会などで質問に1回5~6分で回答
 

大隈重信について、早稲田大学を創設した以外は何をしたのかよくわからない、という人が多い。

 大隈は政治家としていはば救援投手のような役割で、日本がいよいよ袋小路に入って危機に陥ると呼び出されて舞台に登り快刀乱麻を断つごとく問題を解決する。日露戦争後の経済破綻、陸軍の師団増設要求、海軍の建艦予算要求…等々。これらの後始末をして財政再建できる人物は大隈だけである。

 長州閥の長老三浦梧楼「民衆の大火事を消せるのは早稲田のポンプ(大隈のこと)しかいない」と語っている。

★オンライン購入は下記から
amazon

紀伊國屋書店

楽天ブックス

TOPICS

鈴木荘一の近現代史

(幕末~太平洋戦争)

名将 山本五十六の絶望

2020年7月発刊 990円

それでも東条英機は太平洋戦争を選んだ

2018年11月 880円

日中戦争の正体

2020年3月 990円

日中戦争はスターリンが仕組んだ

2018年10月 880円

満州建国の真実

2018年7月 825円

アメリカの罠に嵌った太平洋戦争

2016年4月 1650円

明治~昭和初期

三島由紀夫と青年将校 五・一五から二・二六

2019年11月 990円

雪の二・二六 最大の反戦勢力は粛清された

2019年9月 880円

昭和の宰相 近衛文麿の悲劇

2019年5月 880円

陸軍の横暴と闘った 西園寺公望の失意

2019年3月 880円

アメリカのオレンジ計画と大正天皇

2012年4月 1980円

日露戦争と日本人

2009年5月 1980円

幕末~明治維新

昭和初期~太平洋戦争
rosia_s.JPG
ookuma_s.JPG

日本は、明治23年に第1回帝国議会を開会。ようやく近代国家として歩き始めた明治37年(1904年)に日露戦争に突入した。軍事大国ロシアが満州を占領して、シベリア鉄道+東清鉄道+南満州支線の敷設が完成すればさらに旅順・大連を占領して朝鮮半島南端に軍艦碇泊所を置くだろう。日本にとって喉元に匕首を突き付けられることになる。
 満州から遼東半島、そして不凍港を狙うロシアと、鉄道の完成を阻止して脅威を排し勝利した日本の闘い方は、現在のロシアによるウクライナ侵攻の勝利の行方を測るヒントとなる。

★オンライン購入は下記から
amazon

紀伊國屋書店

楽天ブックス

【2024年】

1月28日日曜 予告 第54回幕末史を見直す会 テーマ「明治・大正の英雄 大隈重信の功績」

【2023年】

10月22日日曜  第53回幕末史を見直す会 テーマ「ウクライナ戦争と日露戦争」

10月10日 大隈重信の功績』

9月28日新刊 『ロシア敗れたり』

2月26日『明治維新の正体 改訂新書版』
2月19日日曜  第52回幕末史を見直す会 テーマ「平和の武将 徳川家康」

【2022年】
12月12日『平和の武将 徳川家康』

10月30日日曜 講演会「鎖国という正しい選択」(文京シビックセンター スカイホール)

7月18日月曜(祭日):  第51回幕末史を見直す会 テーマ「鎖国という正しい選択」

5月15日日曜  第50回幕末史を見直す会 テーマ「ウクライナ戦争を読み解く」
4月29日金曜出版記念講演「西郷隆盛と大久保利通の明治維新」

3月2日 『鎖国の正体-秀吉・家康・家光の正しい選択』

2月11日金曜  チャンネル桜 出演「歴史から見る日本解体戦略の現在」

2月4日  『西郷隆盛と大久保利通の明治維新-理想と陰謀の激突』

【2021年】

11月5日金曜:経済倶楽部講演会(東洋経済新報社)にて「徳川慶喜の明治維新」を進講

9月『NPO 先端医療を支える会』九月号 誌上で林家克三郎氏と徳川慶喜を中心テーマに歴史対談

7月7日 『日本陸海軍 勝因の研究』

3月6日 『名将 乃木希典と帝国陸軍の陥穽(かんせい)』※陥穽は落とし穴のこと

【2020年】

10月31日土曜第49回「幕末史を見直す会」 テーマ「満州国という立派な国」講師は鈴木荘一

9月26日土曜第48回「幕末史を見直す会」 テーマ「名将山本五十六の絶望」講師は鈴木荘一

8月1日土曜 第47回「幕末史を見直す会」 テーマ「日中戦争の正体」講師は鈴木荘一

7月7日 『名将 山本五十六の絶望』

3月16日月曜 『日中戦争の正体 中共・ソ連・ドイツにだまされた』

2月26日水曜 鈴木荘一講演「二・二六事件とは何だったのか 三島由紀夫と青年将校」(文京シビックセンター)講演ビデオ

 

 

 

Amazon ベストセラー1位
 Amazon ベストセラー1位 になった6冊 
  • 『ロシア敗れたり』

  • 『明治維新の正体 徳川慶喜の魁 西郷隆盛のテロ』改訂新書版 ⇒詳細ページへ

  • 『西郷隆盛と大久保利通の明治維新 理想と陰謀の激突』 ⇒詳細ページへ

  • 名将 山本五十六の絶望』  ⇒詳細ページへ

  • 『明治維新の正体 徳川慶喜の魁 西郷隆盛のテロ』新書版 ⇒詳細ページへ

  • 『幕末会津藩 松平容保の慟哭』 ⇒詳細ページへ

  • 満州建国の真実 軍事の天才石原莞爾の野望と挫折』 ⇒詳細ページへ

  • 政府に尋問の筋 これあり 西郷隆盛の誤算』 ⇒詳細ページへ

  • 明治維新の正体 徳川慶喜の魁 西郷隆盛のテロ』単行本 ⇒詳細ページへ

明治維新の正体

2019年6月 1210円

幕末の天才 徳川慶喜の孤独

2018年11月 880円

幕末会津藩 松平容保の慟哭

2018年10月 880円

不平等ではなかった 幕末の安政条約―関税障壁20%を認めたアメリカ・ハリスの善意 不平等ではなかった 幕末の安政条約

2019年7月 880円

政府に尋問の筋これあり 西郷隆盛の誤算

2018年1月 1540円

勝ち組が消した 開国の真実

2004年6月 (絶版)

以上の7冊が Amazon でベストセラー1位になりました。

bottom of page