PR / T 123.456.7890 / F 123.456.7899 / info@mysite.com / © 2023 by PR.  Proudly created with Wix.com

​幕末から、太平洋戦争まで

鈴木荘一の近現代史 好評発売中!2019 GW

『それでも東條英機は太平洋戦争を選んだ』

左『西園寺公望の失意』

中『満州建国の真実』

右『日中戦争はスターリンが仕組んだ』

 『徳川慶喜の孤独』 『松平容保の慟哭』
    4 
『政府に尋問の筋 これあり』
​『​明治維新の正体』
鈴木荘一の近現代史
資料の整合性に拘り、紛れもない事実を探って構築した歴史によってこそ、自虐史観(=東京裁判史観)の洗脳から脱却することが出来る
​対 支那とアメリカ、必敗の二正面戦争

ソ連の進出に対する防共の満州帝国建国。泥沼の日支事変。周到に練られたアメリカの対日本戦略「オレンジ計画」。日本は侵略する国力はあったのか

オレンジ計画は太平洋戦争で実践された

西進するアメリカは、フィリピン・ハワイを得ると次のターゲットの日本征服のためオレンジ計画を策定した。計画は改訂を重ね、太平洋戦争で実践される。

日露戦争は、英・独の策謀による代理戦争

ロシアをライバル視するイギリスと、国境に陣取るロシア陸軍の重圧に悩むドイツは、日本をロシアと戦わせて安逸をむさぼった。

徳川幕府の百年の計こそ近代化の礎

横須賀造船所を建設した小栗上野介、イギリス型議会制度を模索した徳川慶喜。国家百年の計の礎を築いた幕臣の功績を描く。