『日中戦争はスターリンが仕組んだ
   誰が盧溝橋で発砲したか』

鈴木 荘一 著

勉誠出版

2018年9月28日発刊

800円+税

 【内容紹介】
スターリンは、敵同士を戦わせて最大利得を得るべく、蒋介石・ルーズベルトをそそのかして日本を攻撃させ、日中戦争・日米戦争を仕組んだ。
日本の政財界は蒋介石を親日家と誤解して多額の資金を提供した。 しかし、蒋介石はスターリンの掌に握られた生卵のように操られ、共産ソ連の手先となって抗日戦に走り、和平の糸口はつかめなかった。
 

2018/10/20

鈴木荘一講演『日中戦争はスターリンが仕組んだ』

誰が盧溝橋で発砲したか・謝罪し続ける日本政府の無知

 

主催: 英霊の名誉を守り顕彰する会
 

PR / T 123.456.7890 / F 123.456.7899 / info@mysite.com / © 2023 by PR.  Proudly created with Wix.com